アルミサイディング

外壁リフォーム

夏涼しく冬暖い。魔法瓶のような家

アルミルーフ

屋根リフォーム

軽くて丈夫なルーフ

超断熱塗装

超断熱塗装

塗装を超えた超断熱塗装

外断熱二重通気性工法

外断熱二重通気性工法

当社だけの独自工法、SOIV工法


 

 

継ぎ目のコーキングが必要だから、定期的に手入れが必要?

当社の場合、サイディングの継ぎ目はコーキングで埋めるということはしていません。防水構造になったカバーを取り付けており、コーキング処理の必要がないからです。このカバー自身もサイディングと同様の耐久性を持っています。したがって、比較的短期間の定期的な手入れ(工事)が必要、というのは誤りです。
サッシ周りとサイディングの養生でもコーキングは使っていません。既存壁とサイディングとの間にできる空間によって通気性を保つ構造になっているので、コーキングするとその通気を止めてしまい、壁内が蒸れて、カビの原因になってしまいます。したがって、コーキング材を使うことはないのです。

 

どういうふうに工事をするのですか?

昭和アルミでは、まず、足場架工事をした後、外壁をチェックして、カビやクラック(ひび)がでてないか、確認をし、既存壁を補修していきます。
次に、既存壁の上に胴縁(樹脂系)を下地材として、施工をしていきます。(この胴縁工事は既存壁と新設外壁の間に通気性をもたせて、サイディングの断熱性と通気性により相乗効果をだして、外断熱の効果を高める、外断熱効果通気性工法です。)
その上に、サイディング本体を施工する為の専用部材の役物を施工しながら、本体を施工していきます。軒天や破風の塗装が必要な場合には本体を施工完成前までに施工を完了し、最後に雨樋などの取り付け及び、本体を施工する為に取り外しておいた、電機メーター、電線、クーラーホースの取り付け等の工事を施工し、工事完成後、細かい部分の仕上げコーキング等を行い、最終チェック後、足場架を解体、撤去をします。
工期は平均2週間から、3週間くらいが工期です。

 

費用はどのくらいかかるの? <アルミサイディングの相場>

製品によって様々で一概に金額をいくらといえないのですが、一般的に普及している製品で、あくまで、概算ですが、壁面積に対してのコストでいきますと、本体製品代は㎡あたりの単価が4800円~7300円くらいようです。
それに、施工費、足場代、その他、雨樋交換をするのかどうか、また、付帯設備の工事が別になるのですが、住宅の築年数、形、既存外壁の素材や状態によって、違ってくることはご了承を頂いて、外壁材と施工込みでいきますと、㎡あたり、10000円から15000円の間を目安にして下さい。
  (例・28坪で壁面積を148㎡としましたら、148万円~222万円となるのですが、どういう工事内容なのか、どこまでの付帯設備の内容なのかによって変わってきます)

アルミサイディングを扱う業者さんや製品によって変わってきますので、リフォーム会社や工務店さんに相談してください。
(アルミサイディングの中でも見た目が高級で高価なもので、20000円くらいのもあります)

 

この外断熱工法による結露防止の他どんなメリットがあるの?

 まず、アルミサイディング施工した場合、耐食性に優れたアルミ合金を表面材に使っていますので、施工後、20年・50年経っても腐食しにくく、外からの雨が外壁に浸水するのを防ぐ為に、数年ごとに塗装していくという、(住んでいる間、定期的に外壁塗装をしていかなければならない)労力とメンテナンス費用から、今後解放されます。

 第2に、今の住宅の環境より断熱効果が高まりますので、冬暖かく夏涼しい、快適な住宅になります。
その結果、冷暖房費などの費用の節減につながり、かつ、結露の原因によるシックハウスも出にくくなりますので、省エネ住宅で人間の体に優しい、健康で快適な住まいになります。

 第3に、遮音効果も高まりますので、今まで、国道のそばや街の騒々しい環境の中にある住宅の場合、生活する上で、住宅の中の環境が確実に静かになり、騒音が小さくなります。

 鉄道のそばの住宅に住まわれていたお客様が、電車が通るたびに、テレビの音が聞こえなくなるくらい、騒音がひどくて、困っていたのですが、施工後、大変静かになり、しかも、夏はいつも締め切りで、真夏は暑くて仕方なかったのですが、夏でも涼しく快適になり、施工して大変良かったというお客様の声を頂戴しています。

アルミサイディング表面

サイディングとは

サイディングとは外壁に張る同一規格の板状の外装材の総称です。最近の新築住宅は殆どが外壁をサイディングにしています。ことばはちょっと難しいですが、今最もよく使われているものです。しかし、それに使う素材はさまざま。
  当社ではサイディング材にコーティングした5000番系のアルミを使用しています。これを外断熱二重通気性工法(SOIV工法)という科学的データに基づいた新工法で施工します。

 

サイディングの種類

サイディングにはいくつかの種類があります。

★木質系サイディング
天然木などを塗装したものです。表面を炭化処理したムカシのものが実は日本の風土にあってたりします。表面に被膜を作ってしまう塗装は木材の呼吸を止めてしまうので、かえってよくありません。

木製サイディング

★窯業系サイディング
セメントに木片などを混ぜて、強化してプレス成形で板状にしたものです。
表面はセラミック塗装を施しています。
5~7年でシーリングの打ち替えなどを、7~8で再塗装が必要といわれています。


★金属系サイディング
スチールの板などを表面に、裏に断熱材を入れたものです。サビないかぎり、腐食する可能性が低い。
当社で扱っているものは、ステンレスのような強さと腐食をしにくいアルミの耐久力を併せもった、アルミ合金です。