アルミサイディング

外壁リフォーム

夏涼しく冬暖い。魔法瓶のような家

アルミルーフ

屋根リフォーム

軽くて丈夫なルーフ

超断熱塗装

超断熱塗装

塗装を超えた超断熱塗装

外断熱二重通気性工法

外断熱二重通気性工法

当社だけの独自工法、SOIV工法


 

 

アルミ合金の種類

合金種類
品番
合金の特長
純アルミニウム
(Al)
1000
番系
純度99%以上のアルミ金属で99.95%以上のものは高純度アルミといいます。反射板、送配電材、放熱材などに使われます。
1・合金より柔らかく加工しやすい
2・溶接や表面仕上げがきれい
3・耐食性が非常によい (例)日常では一円玉に使用されています
アルミニウム(Al)
+銅(Cu)
2000
番系

強度や硬さを増しますが耐食性に劣る。航空機用材、輸送機器、機械部品などに使われる。ジュラルミンケースもそう。
1・軟鋼を50%も上回る引張強さ
2・機械加工も比較的よい

アルミニウム(Al)
+マンガン(Mn)
3000
番系
マンガン約1.2%の合金で強度耐食性ともによい。アルミ缶のボディ部分などの容器、日用品、一般的な住宅外装など幅広い用途で使用される。
1・純アルミより強度20%程高い
2・耐食性もほとんど純アルミと変わらない
アルミニウム(Al)
+ケイ素(Si)
4000
番系
1・湯流れが良いので砂型アルミ鋳物として使える
2・融点が低いので溶接棒、ろう付に使える
3・ケイ素5~6%位までは純アルミとほとんど耐食性が変わらない
4・陽極酸化処理によって暗灰色の自然発色皮膜を作る。

アルミニウム
(Al)+

マグネシウム

(Mg)

5000
番系
耐食性は純アルミと同じで腐食環境によっては純アルミより優る
1・耐食性は特に海水に対して強い
2・強度が高く硬い
3・溶接しやすい
アルミニウム(Al)
+マグネシウム
(Mg)
+ケイ素(ケイ素)
6000
番系
熱処理によってMgSiが折出して硬化する。
建築用サッシなどで使用されている。
1・加工しやすい(押出)
2・耐食性が良い
3・溶接、切削性もよい
4・硫酸法により陽極酸化皮膜を行った場合に無職透明の皮膜が得られる。
アルミニウム(Al)
+亜鉛(Zn)
+マグネシウム
(Mg)
7000
番系
時効硬化性で熱処理後の強度はアルミ合金の中で最も大きい。航空機、新幹線を初めとする車両用構造材、スポーツ用具などに利用
1・非常に硬くて強い(熱処理をして使う)
2・溶接構造材に使う
例)高強度を必要とする機械部品、スケートのブレードホルダーやブラケット等。スキーのストック(ポール)にはA7001材を使用。
特徴:最高強度のアルミ合金。加工性良好、押出加工性は良くない。(肌が綺麗にならない)

 

特性

合金系統
JIS呼称
機械的性質の標準値
特性
主な用途
引張強さN/mm2
耐力N/mm2
伸び%
溶接性
ロウ付性
切削性
表面処理性
耐食性
純アルミ
系1000系
1050
80
35
40
熱交換器、導体
---
70
35
50
導体
1100
90
40
40
熱交換器、装飾品

Al-Cu系
2000系

---
400
350
15
×
×
切削部品
---
370
280
15
×
×
切削部品
2014
510
450
12
×
自動車、機械部品
2017
450
310
20
×
自動車、機械部品、鍛造部品
2024
490
360
15
×
機械部品、ボルトナット

Al-Mn系
3000系

3003
120
60
38
熱交換器・感光ドラム
---
100
45
35
熱交換器

Al-Si系

4000系

---
410
330
12
×
電気、機械部品
---
390
370
2
×
耐摩耗部品
Al-Mg系
5000系
5052
260
240
12
光学部品、ワイヤークランプ
5056
310
270
16
×
光学部品
5083
310
160
20
×
溶接構造材、船舶
Al-Mg-Si系
6000系
6063
210
180
13
建材、エクステリア、機械部品
6061
310
280
12
一般構造材、自動車部品、機械部品
6NO1
270
250
11
建材、一般構造材、機械部品
Al-Zn-Mg系
7000系
7003
340
280
15
溶接構造材、ブリッジ、二輪車フレーム
7075
570
490
8
×
航空機部品
7NO1
380
320
14
溶接構造材、二輪車リム