アルミサイディング

外壁リフォーム

夏涼しく冬暖い。魔法瓶のような家

アルミルーフ

屋根リフォーム

軽くて丈夫なルーフ

超断熱塗装

超断熱塗装

塗装を超えた超断熱塗装

外断熱二重通気性工法

外断熱二重通気性工法

当社だけの独自工法、SOIV工法


 

 

アルミ外壁リフォームは耐震補強に有利

もちろん、リフォームにあたり、現状は手直ししておく必要があります。柱などは腐蝕していないか、チェックしてきちんと補強する。

耐震補強耐震補強折角のリフォームの機会ですから、耐震診断を行い耐震補強を施工することをお勧めします。サイディング施工の前処理で躯体の補強・修繕を行います。

その上でアルミ外壁を施工します。外壁がモノコック構造に近くなるため、耐震性能が上がると考えられます

 

地震に強い住宅は可能か?

日本の伝統的な工法で建てられた住宅の良いところを活かし、上手に欠点を補えば、地震に強い住宅にすることは可能です。木柱や土台などの部分が年数が経っても丈夫で強度があるようにメンテナンスすることが重要です。

 

■木造住宅では、主に地震力を壁が負担する為、必要な壁量が定められています。

 壁を点で補強するのではなく、面として壁全体を補強するのにアルミサイディングは非常に有効です。

 

■軸組工法の建物は、土台、柱、梁などの接合部分に、一定の強度を確保することが定められています。

 リフォーム時に耐震診断を行い、痛んだ柱、梁などの構造体を取り替えたり、補強材を使い土台と柱を緊結するなど耐震補強・メンテナンスを実施

 

■屋根を軽くする。

 日本は台風が多く、風に備えて飛ばされないようにどうしても屋根が重くなっています。これが地震で仇になります。

 最近毎年のように起きる巨大地震で倒壊してしまう家屋の多くが、メンテナンス不足、腐蝕した柱が屋根重量を支えられずに折れてしまっています。原因を分析して対処することで地震に強い家屋にすることは可能なのです。

 

環境性能は?

アルミ金属の元であるボーキサイトは、鉄や亜鉛などの金属に比べ資源の量が多いといわれています。限りある資源を大切にしていくためにも、アルミ素材を使用したアルミサイディングやアルミルーフで住まいをリフォームすることは非常に意義のある事だと言えます。

また、アルミ素材は耐腐蝕性に優れ住まいを自然環境から守ります。さらに例えば鉄などのように酸化・腐蝕し分解した物質が溶け出し、周りの環境を汚染するといったこともありません。

法隆寺五重塔

 

法隆寺、五重塔は約1300年と長い歴史を持ち、日本を代表する木材である『ヒノキ』で造られており、1993年12月に日本で初めて世界文化遺産に登録された世界最古の木造建築群です。

では、なぜ法隆寺、五重塔は約1300年もの長い年月、地震に耐えてこれたのでしょうか?

その理由とは、「積み上げ構造」という建築方法であるとされています。つまり五重塔を建てる場合、各重ごとに軸部や軒を組み上げ、それらを鉛筆のキャップを重ねるように順々に積み上げてあるのです。
それぞれの部材は主に木材同士の特殊な切り組み方法によって接合されていて、堅固に結合していないため「柔構造」になります。「柔構造」の塔は、コンクリート造りの一体化した「剛構造」と違って、地震が起きても各重が互い違いに振動して「揺れ」を吸収します。また多くの塔の内部に立っている「心柱」は、こうした振動を減衰させる「かんぬき」のような働きをするといわれています。さらに各重の柱が長さの割に太いことや、組物がしっかり組まれ水平に変形しないことも地震に強い要因とされています。

法隆寺の五重塔に見られるような、建物の揺れの効用を認め、その揺れによって地震力を吸収させる「柔構造」の理論は、近年、日本はもちろん世界の超高層建築に採用されています。伝統的な木造建築の知恵が最先端の建築技術に生かされているのです。